青汁でダイエットを成功させよう|リバウンドが少ない減量法

断食で健康になる

ウエスト

人間の体には消化器官など様々な臓器があり、健康的な体を維持できるように陰ながらサポートしています。また、臓器は健康状態を映す鏡でもあり、体調が悪いと臓器にも影響して痛みを発したりなど上手く機能しない場合があります。最近は昔と比べて様々な食物があり、自由に好きなものを選んでいつでも食べることができます。そのため、中には暴飲暴食を繰り返して必要以上にカロリーを摂取する人もいます。毎日絶えず働いている臓器の中でも特に酷使している器官が胃です。食べ物を消化するために一日中働いていますが、時々休ませてあげないと消化不良や腹痛などの症状が現れはじめ、人間の健康状態に悪影響を及ぼします。そこで注目されている健康法がファスティングです。一定の期間、固形物を食べずに胃を空っぽにするという健康法で、別名断食ダイエットとも言われ多くの芸能人も実践しています。

ファスティングを個人的に行なう場合は3日が限度と言われています。最初の一日で徐々にご飯の量を減らしていき、空腹の状態に慣れていきます。そして2日目で本格的にファスティングを行ないます。ファスティング中は固形物を一切食べては行けないので水やお茶などで空腹を紛らわせますが、栄養を補給しないと逆に体を悪くしてしまうので、効率よく栄養が吸収できる酵素ドリンクなどを使って栄養摂取を行ないます。ファスティング最終日には復食として胃に優しいお粥などを食べて通常の状態に戻していきます。ファスティングはなるべく週末などに行ない、無駄なカロリーを消費してお腹を空かせないために家でゆっくり過ごすと良いでしょう。